ちょっと工夫するだけでダイエット効果がアップする生酵素を解説

生酵素ダイエットをより効果的にするために飲み方にも工夫をしていきましょう。理想的なのは食事との置き換えであり、生活スタイルに応じて朝食と置き換えたり、夕食と置き換えたりします。休日は1日2食の置き換えをするのもよいですが、平日に仕事をしている状態なら1日1食がベストでしょう。夕食と置き換えれば空腹感を覚えにくいので、継続しやすいと評判です。どんな減量法にも言えますが、長期継続できる方法ほどリバウンドせず、逆に短期集中タイプはリスクが高くなります。時間をかけて痩せるためには、自分で楽に継続できると思える方法を選ぶべきでしょう。サポートとして食事制限、運動をする場合も、自分にとって無理のないプランを選んでください。3ヶ月の継続ができる方法なら体質改善が可能であり、リバウンドのリスクは非常に低くなります。

夕食との置き換えが一番いいと言われるワケとは

生酵素ダイエットをするなら、夕食との置き換えが一番いいと言われています。その理由はカロリーを大幅カットし、さらに脂肪の蓄積を防ぐことができるからです。朝食、昼食は仕事のエネルギー源として欠かせないものですが、夕食に関しては食べたあとに寝るだけという方が多いでしょう。あまりカロリーを必要としないからこそ量は少なくするべきですが、夕食は高ボリュームという方は少なくありません。何より就寝中はカロリーをそれほど必要としないので、カロリーを抑えて体脂肪蓄積を防ぐという意味でも置き換えするなら夕食が一番です。朝までに空腹が生じたとしても、脳が休息している状態では自覚しなくてすみます。朝食、昼食との置き換えだとカロリー不足になることも多いですが、夕食ではそのリスクも低くなります。

食事制限や運動も行えばキレイに痩せられる

キレイに痩せるにはバランスが大切なので、様々な方法を分散させたほうが効果的です。生酵素ダイエットだけでも痩せることはできますが、食事制限と運動も行えばより減らすことができます。加齢によって代謝が悪化すれば太りやすくなりますが、単純に食べ過ぎが原因で太っている方は少なくありません。家族全員がよく食べるという場合、平均的なボリュームを認識するのが難しいこともあるでしょう。食べ過ぎているという自覚がなければ太ってしまうのは当たり前なので、ここは改善していく必要があります。運動は代謝促進をサポートしてくれるので、食前に20~30分の運動をしてみましょう。それによって体脂肪が効率よく燃えてくれるので、お腹ポッコリが気になる方にもおすすめです。ただ置き換えダイエットで酵素ドリンクしか飲まないという状況では、食事前の運動はカロリー不足を招くので避けたほうがいい場合が多いです。